男性心理 嫉妬 視界

嫉妬のときの男性心理と視界の変化とは?

スポンサーリンク

嫉妬をしている相手に対して、あなたはどんな反応をしてしまうでしょうか?

 

女性であれば、ついつい視線を嫉妬している相手に対して向けてしまうのではないかと思います。
それは自分より綺麗だから見てしまうのではなく、相手のあら探しをしているから見ている場合は多いです。
墓穴を掘らせようと、常に相手のことを監視していることが女性には多いでしょう。

 

しかし、男性の場合はそうではありません。

 

男性の場合は、その人に嫉妬すればするほど、相手のことを無視してしまうということが多いです。
相手が仮に自分の視界にいたとしても、相手に気づいていないかのように無視してしまいますし、振る舞いもあなたのことを何とも思っていないかのような振る舞いになってしまいます。

 

実は、嫉妬心だけなら女性より男性の方が根に持ちやすかったり、複雑に絡み合っていることもあります。
なぜなら、男性の場合は、社会的な地位や身分による周りに対する劣等感も強いので、それだけ嫉妬心も積み重なってしまうんですね。
スポンサーリンク

女性が嫉妬している時には、ストレートに相手に自分の思っていることを伝えるなど、嫉妬心がむき出しになっていることが多いです。
ですが、ストレートに伝えるのはまだ軽い方で、嫉妬心が次第に大きくなってしまってくると、次第に無視という方向になっていくでしょう。

 

男性の場合には、相手に嫉妬していることがバレるのは、それだけでプライドが傷つけられるものなので、なるべく相手に嫉妬していることがわからないようにしたいんです。
その結果無視という形になるんですね。

 

そしてそれさえもバレたくないと感じるときは、あえて隠して平静を装って接することもあります。

 

このことから分かるように、男性の場合には、嫉妬していることが分かりにくく、平静を装っている人ほど、嫉妬心が大きいと言えます。
スポンサーリンク