男性心理 メール 頻度

メールの頻度から分かる男性心理とその頻度とは?

スポンサーリンク

好きな人へのメールの頻度ってどのくらいがいいか悩みますよね。

 

多くの女性の悩みにメールの頻度が挙がります。
主導権を男性の方に握らせられるように出来る方法が分かっていれば、自然とメールが相手から送ってもらえるようになるので、悩みも解消されますよね。

 

特に付き合う前のメール頻度って気になってしまいますよね。
毎日のように送って面倒くさいと思われても嫌だし、逆にメールをしなさすぎても相手に忘れられているのではないかと心配になってしまいます。

 

そんな時に男性心理を理解するだけで効果的に相手とのメールを誘導できるようになるので、是非活用していきたいですね。

 

この記事では、そんなメールの頻度とそこから読み取れる男性心理について紹介します。
スポンサーリンク

そもそも男性にとってメールの頻度と女性への好意ってイコールではないんです。
男性の多くは、メールを目的や要件を解消するためのツールとしか考えていないので、好意があるからといってメールを頻繁に送るということはないんです。

 

ですから、相手の男性からメールの返信が低いからといって、諦めずに相手の様子を見てメールしてみましょう。

 

また、相手のペースに合わせて返信するようにするのも効果的です。

 

メールなどでも自分とペースの合う女性に男性は好意を抱きやすいんです。
例えば、相手の男性にメールを送ってから30分後くらいに返信が来たとします。
その時に即返信してしまうと、相手の男性もびっくりしてしまいますし、それが続くとだんだん面倒くさくなってしまうんですね。

 

ですから、30分後にメールの返信が来たら、あなたも25分とか30分くらい余裕を開けて返信してみましょう。
それだけで、相手の男性にとっては好印象ですし、好意を持ってもらえる可能性も高まります。

 

その時は、メールの分量も合わせてみるとより効果的ですから、ぜひ気になる男性へのメールに試してみましょう。
スポンサーリンク