パーソナルスペース 好意

パーソナルスペースから分かる男性の好意とは?

スポンサーリンク

パーソナルスペースという言葉を聞いたことのある人は多いですよね。

 

パーソナルスペースというのは、いわゆるその人の縄張りみたいなものですね。
人間には、特有の縄張りというのがあり、そこに他者が入ると不快感を感じるようになります。

 

この距離感が近ければ近いほど、相手に親近感や好意を抱いていますし、離れれば離れるほど、その人との関係性が薄いということが分かります。
つまり、この距離が近ければ近いほど、あなたに好意的な感情を抱いているということが分かりますよね。

 

男性は、楕円形のパーソナルスペースを形成する人が多く、女性は円形のパーソナルスペースを形成する人が多いと言われています。
ただし、パーソナルスペースの違いは、性別の違いだけでなく、個人の感性によっても異なってきます。

 

人によっては、パーソナルスペースが狭く、近くに人がいる場合でも全然気にならないという人もいます。
私の他にもそういった人がいるでしょう。

 

その一方で、パーソナルスペースがとても広く、人に近づかれるのが苦手だという人もいます。
スポンサーリンク

同姓同士では、親しい間柄の人以外がパーソナルスペース内に入ると、不快感を感じやすいと言われています。
それは、人間が本能的に相手のことを警戒して気になってしまうからなんですね。

 

ですが、これが男女間になると、恋愛のドキドキと勘違いさせることが出来るんですね。
大体45センチ以内に入ると、恋人同士の距離になると言われているので、この距離まで気になる男性のパーソナルスペースに入ることが出来れば、それだけ男性をドキドキさせ、あなたのことを気にさせる事ができます。

 

これよりさらに近くなり、15センチ以内に入ると、近接相と言われる領域に入り、相手はもう完全にあなたといるときに安心しているということです。
もし気になる男性がいる人は、ぜひこのパーソナルスペースを意識してみましょう。
スポンサーリンク