職場 視線 好意

職場で視線を向けられるのは好意のサイン?

スポンサーリンク

社会人になると、学生時代に比べて、外での出会いが少なくなってきます。そのため、職場での出会いも次第に増えてくるんですね。
特に、すでに会社で働いている女性は、その多くの時間を職場で過ごすので、社内恋愛に発展する可能性が高くなってくるものです。
人の心理には単純接触効果というものがあり、何回も会っている人にほど、好意を抱きやすいんですね。

 

ですが、だからといって、簡単に職場で恋愛をしようと思っても、難しい場合もあります。
同じ職場の人と付き合っているということを周囲には隠さなければいけないだけではなく、お互いが相手に好意を持っているかどうかを確認することが必要になってくるからなんですね。

 

そんな好意を見極める方法の一つとして、相手の視線を確認する方法があります。
視線はその人の本音が出やすいと言われ、男性は特に無意識の視線の動きからその人の本音を確認しやすいんです。
スポンサーリンク

男性は好意のある女性には、無意識のうちに視線を送ってしまうものです。
そのため、視線がよく合う人ほど、その人に好意を抱いている可能性が高くなります。

 

ただし、男性によっては、女性に目配せをしているからといって、その人のことが好きだというわけではない場合があります。
普段から、誰とでも仲良くしているような男性は、たとえ本命ではない女性に対しても、愛想を振りまくことが多々あります。
そうした場合は、単純に女性と仲良くなっておきたいと思っている程度の可能性が高いので、注意が必要です。

 

逆に、チラチラとこちらを盗み見るように視線を合わせてくる男性は、本気でその人のことが好きな可能性が高いです。
視線を合わせるのが恥ずかしい、けれどもっと女性の事を見ていたいという気持ちがあるので、じっと見るというよりは、チラチラと様子を見るような形で見つめてくるんですね。
そうした視線の動きから、相手に好意があるかということを確認していきましょう。
スポンサーリンク